スポーツ外傷・スポーツ障害

スポーツ障害・スポーツ外傷

スポーツによる怪我の治療~身体のケア

 

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷とは、打撲や捻挫、肉離れ、脱臼、骨折など外力を受けることで起こるケガです。

これに対し、スポーツ障害とは繰り返し行う運動が原因で起こる慢性的な痛みです。
野球肘、リトルリーグ肩、テニス肘、膝のオスグッド、ランナー膝、ジャンパー膝など、膝・肘・筋肉の痛みです。

大事なことは痛みの原因を明確にし、初期の段階で正しい処置をすることです。正しい治療やケアをしないと、本来のパフォーマンスが発揮できなかったり、選手生命に大きく影響することもあります。
スポーツをされている方は、外傷の早期治療と、定期的なケアを是非大事にしてください。

特殊スポーツ

特殊スポーツによる怪我にも対応しています

スケボーやサーフィン、クライミング、パルクール、BMX、空手などによるスポーツの怪我・ケアにも対応しております。
(当院の院長もスケボーによって前十字靱帯損傷と半月板損傷によって手術を経験しました。そのためスポーツによる怪我の治療やケアについては熟知しております)

スポーツによる怪我の治療

スポーツによる怪我の治療

捻挫や打撲、挫傷といったスポーツ外傷に対し、電気療法、温罨法、冷罨法、後療法といった治療を行います。

スポーツ障害の症状に対しては、調整療法やマッサージ、関節へのアプローチ等で症状の緩和を目指します。

スポーツをされている方へのケア

スポーツをされている方は、必ず定期的なケアを受けましょう。
適切なケアをすることで、「ケガの予防」や「パフォーマンスの向上」につながります。

料金

30分 60分 90分 120分
2,400円 4,800円 7,200円 9,600円