交通事故のお話

沖縄も過ごしやすい秋の季節となりましたね🍂

暑さもピークを越えて窓から涼しい風が入ってくると、南部鉄器の風鈴がちりんちりんと風に揺らされ、エアコンでは表現できない気持ちよさの中、凛とした音に癒されているノリントンです🤩

 

唐突ですし、前回の独り言とは全く繋がらない訳ですが、今日は交通事故のお話をしようと思います。

僕の経験が今後何方かのお役に立てれば幸いです。

 

僕の初めての事故は、車を停車中大型トラックに横から突っ込まれるという事故でした👻

この日はちょうど雪の積もった日で、路面が凍結している状況でした。

人生初めての出来事で、ぶつけられた衝撃と鉄と鉄が擦れ合う音の中、横転する車の中で揉みくちゃになり景色がグルっと回転していたことを覚えています。

当時僕は割と大きめの普通車に乗っていたのですが、車って真横からぶつけられると意外と面白いように転がるんですね。

衝撃の刹那ピシーっとフロントガラスにヒビが入っていき、フードが三角形にひしゃげながらフワッと体が宙に浮きました。

事故の瞬間は自分に何が起きているのか全く分かりません。

ゴロンゴロンと転がる車がようやく止まり、車の椅子を全く無視した姿勢で車内に蹲る僕は要約目を開けると、徐々にうっすら入ってきた景色は、フロントドアがサンルーフになり、不自然に見える灰色に曇った空でした。(車が助手席側を底にして横転しており、自分は助手席側のドアを背に上を眺めていた)

言葉を失うとは正にこのような瞬間なのでしょう。

静かな時間が経過していく中、ああ…事故に遭ったんだなと少しづつ自分の置かれている状況を整理して、あちこち痛い体をさすりながら、とりあえず目が見えるかとか腕は付いてるかとか、体中を触った記憶があります。

大きな衝撃音の後はキーンと耳鳴りが続き、更にボーっとした雑音の餅のような物が耳穴を蓋するような感覚が続きます。

数分経っても誰も来る様子が無かったので、もしかすると他にも巻き込まれている人がいるのか?

と心配になり脱出を試みようと、運転席側のドアを上にこじ開けるが、重みで繰り返し押し挟まれる状況の中、衝撃で壊れたヒンジがちょうどバキッという音と共に隙間を作ってくれたので、そこから這い上がり外に出ることが出来ました。

車のお腹が見えていて、フロントタイヤはどこかに飛んでいったのか、足回りの鉄は引き千切られていました。

状況を把握しようとふらふらとその場を歩いていると、恐らく僕にぶつかってきたであろう運転手が、2.30メートル程離れ停車している大型トラックのドアを開けて出てきました。

 

事故当時の状況をかなり鮮明に覚えているのですが、とういか忘れることが出来ないと言いますか、なぜここまで執拗にネチネチ覚えているかと言いますと

始まりから衝撃的で、加害者からは「大丈夫ですか?」というような言葉も無く「自分で救急車を呼んで欲しい」と言ってきたこと、そして終始あまりにも不親切だった保険会社さんの対応に尽きます…。

結局住所も知らない場所で全損事故に遭い、自身の救急車を呼ぶことになった僕は、ボーっとする意識の中119に電話をし、周りの建物や電信柱の番号の様なものを声を張ることもできない状態で電話しました。

 

その後の結果を先にお伝えしますが、僕の補償内容はとても満足できるものではありませんでした。

無知ということが人生においてどれほど損をするかという事。

この事故をきっかけに、その後何度も何度も弁護士の先生にお伺いをして勉強させて頂きました。

 

・事故に遭った時の対応

・救急車の有無

・自賠責と任意保険とは

・自賠責への直接請求と、一括対応とは

・転院はできるのか

・整骨院で交通事故治療はできるのか

・治療の期間

・慰謝料とは

・後遺障害とは

などなど

・ここではお話しできないような内容、仕組み(闇)🎃

とかもです。

 

当院は24時まで開いている整骨院ですが、拘りがあってこの時間でやらせて頂いています。

自身の経験を活かしお話しできることがあるはずです。

心配な方は交通事故に強い弁護士の先生を紹介いたします。

事故治療は後で騒いだところで後の祭りに過ぎません。

交通事故の被害に遭われてお困りの方、ぜひ一度当院にご相談いただければと思います。

 

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る